できる限りやってみる新型コロナウィルスの自己防衛

ライフスタイル

新型コロナウィルスの感染拡大が国内でも止まりません(2020年2月25日現在)

毎日のように全国各地で感染者が確認されています。そして自分や家族は

大丈夫なのだろうかと不安を感じてる人もとても多いと思います。2月17日に、

政府から「不要不急の外出を避けるように」という声明が出されました。

しかし 電車やバスでの通勤や会社や学校などとても多くの人と接するケースは

どう対処すればよいのでしょうか?もう一度、感染症予防の対策をおさらいしてみましょう。

基本的な感染症の予防方法

手洗いの徹底

電車やバスのつり革、ドアノブ買い物時の荷物の受け渡しなど、不特定多数の人と接触することに

より自分の手にウィルスが付着する可能性があります。外出先から帰宅する前にアルコール消毒

などで家にウィルスを持ち込まないように徹底しましょう。特に自宅玄関のドアノブなど、徹底し

て消毒しましょう。

マスクの着用

クシャミや咳よる飛沫でウィルスの拡散を防ぐ効果があります。咳やクシャミの症状がある方は

必ずマスクを着用しましょう。まだマスクの入手が困難ですが売っていたらなるべく

多めに買っておきましょう。また転売などは絶対にやめてください。

人混みをさける

今現在 2020年2月25日 連日の報道でもわかる通り感染が拡大中です。

特に大勢の人が集まるような場所には近づかない方がいいでしょう。コンサート、イベント、

パチンコ店、テーマパークなど、ちなみに東京都では天皇誕生日の一般参賀や東京マラソンの

一般ランナーの参加が中止となりました。企業なども、在宅でのテレワークや通勤ラッシュを

避けての時差出勤をおこなうところも増えてます。

体調が悪い時は休む

風邪の症状や37.5度以上の熱が4日以上続く場合や倦怠感や息苦しさがある場合は要注意です

万が一 自分の感染が疑わしい場合など、体調が悪い時はすぐに休みをとり専門機関の受診を

うけましょう。ほかの人にうつさないことがとても重要となります。

最寄りの【帰国・接触者相談センター】にまず相談するのもよいでしょう。

まとめ

  • 手洗いの徹底
  • マスク着用
  • 人ごみの多い場所などに行かない
  • 感染が疑わしい場合は最寄りの専門機関に相談する
タイトルとURLをコピーしました