これから始める めっちゃ楽しい DIY まずは道具選びから

DIY

DIYで棚やテーブルなど制作 簡単な家具の補修などには道具が必要になってきます。ホームセンターやネット通販では、たくさんの種類の道具を取り扱っています。今回は、DIY初心者さん向けにおススメの道具やその価格帯やメーカーなどを紹介していきたいと思います。

インパクトドライバー

 

まず紹介するのが DIYのド定番アイテム これがないと始まりません。インパクトドライバーです。椅子や棚などを作る際にねじを締めたり穴をあけたり大活躍間違いありません。今まで手で回すドライバーしか使った事のない方が、初めて使用するとそのパワーと効率の良さに感動すら覚えます。インパクトドライバーと電動ドリルのタイプがありますが、木工作業など場合 インパクトドライバーをおすすめします。インパクトドライバーはほぼコードレスになってます。メジャーなメーカーは Hikoki(ハイコーキ) マキタ(Makita)  BOSCH(ボッシュ)などです。もしメルカリなどで中古品の購入を考えてる方は注意してほしいのですが、付属のバッテリーが劣化している場合があり気をつけてください。せっかく充電してもあっという間にパワーが無くなってしまい作業ができなくなったりします。バッテリー単体だけを新品で買えるのですが、なかなかお高いです。おススメの入門用インパクトドライバーの価格帯は 1万円前後の商品がよいです。

 

Amazon | HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 コードレスインパクト ドライバ  ブルー  FWH14DGL(2LEGK) | インパクトドライバー
HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 コードレスインパクト ドライバ  ブルー  FWH14DGL(2LEGK)がインパクトドライバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

電動丸ノコ

DIYで木材を切る時に おススメしたいのが電動丸ノコです。2×4(ツーバイフォー)材などを切る時など手作業よりも格段に作業効率や正確性があります。しかし電動丸ノコは扱い方を間違えるととても危険な道具にもなりえます。丸ノコの構造や取り扱い方をしっかりと理解して使えばもの凄く便利な道具になるでしょう。丸ノコも先ほど紹介したメーカーから豊富な種類やグレードのものが販売されておりメーカー別の性能差などは余りありません。お好みで選んでください。1万円前後の商品が入門用にはおすすめです。

Amazon.co.jp: HiKOKI(ハイコーキ) (ハイコーキ) 丸のこ HC工具 FC6BB3 ブルー+ブラック+メタル 奥行21.6×高さ30.4×幅28.4cm: DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: HiKOKI(ハイコーキ) (ハイコーキ) 丸のこ HC工具 FC6BB3 ブルー+ブラック+メタル 奥行21.6×高さ30.4×幅28.4cm: DIY・工具・ガーデン

メジャー(スケール)

メジャーやスケールとは、日本語で物差しとことです。定規や巻き尺などものを測る道具全般を指します。DIYや建設現場などでも絶対必須のアイテムです。安いものだと1000円以下で買えます。メジャーの長さは5Mくらいのものが多くDIYなら事足りるでしょう

Amazon.co.jp: シンワ測定(Shinwa Sokutei) コンベックス スマートギア マグネット爪 25-5.5m 72762: DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: シンワ測定(Shinwa Sokutei) コンベックス スマートギア マグネット爪 25-5.5m 72762: DIY・工具・ガーデン

その他の道具

先ほど紹介した道具 インパクトドライバー 丸ノコ メジャー(スケール)があればだいたいのDIY作業では事足ります。その他の道具は、作るものによって必要があれば買い足してください。また 最近では道具のレンタルもホームセンターによってはあるようです。買っても数回しか使わないだろうなという道具などはレンタルで済ませるのも良いかもしれません。

最後に

DIYはとても楽しいです。 設計図を描き 材料を切り出し 組み立て 色を塗ったりと、しかしその作業中ケガだけには気を付けてください。筆者も何度も指にケガをしたりしています。道具の使い方を間違えば大けがや死亡につながる大事故になります。まず 説明書をよく読みよく理解した上で道具を使用してください。

タイトルとURLをコピーしました